111)11-03. 日本語でも英語でもその人の使う論理はあまりかわらないと思います。

| コメント(0)

Q.先生をしていらっしゃるようですが、生徒さんをご覧になっていて、やはり日本語を論理的に話せる人ほど、英語も論理的に話せるようになる、というような、相関関係のようなものは、あるのでしょうか?お気づきになったことがありましたら教えてください。

A.日本語を使う時と英語を使う時と、その論理性まで使い分けている人はそれほどいないと思います。大部分の人は日本語でも英語でも同じような論理を使っているのではないでしょうか。

日本人はよく、論理的でないといわれていますが、日本人には日本人の論理があると思います。ただその論理が英語圏の人達の使う論理と違っているので、論理的でないと思われているのではないかと思うのです。

私は英語をやって、ディベートやパラグラフライティングなどを習ってから、論理が英語的なものに変わってきたように思います。日本語を使う時もやはり、英語的な論理を使うようになってきたような気がします。

英語の論理は非常に直線的です。結論からズバッと入って、後からその理由を説明するようなものが多いです。

それに対して、日本語の場合はまず理由の方を長々と説明して、最後に結論がくることが多いです。結論をあいまいにしておくことも多々あります。

だから英語の論理に慣れている人にとっては日本人の論理はまわりくどくて、ポイントがはっきりせずイライラすることが多いのではないかと思うのです。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

111)11-06 フィニックスで使っているディベートの教材
Q.一般の人間が英語のディベートを勉強できる団体があったら、どなたか教えてくだ...
111)11-05 日本人の英語に流暢さが足りない原因
Q.一般に、日本人は他の国の人と比べ、英語の流暢さが足りないと良く言われます。...
111)11-04 ドラマティックディベートを作った理由
私は大学ではESSに所属していたので、そこでディベートをやりました。授業そっち...
111)11-03. 日本語でも英語でもその人の使う論理はあまりかわらないと思います。
Q.先生をしていらっしゃるようですが、生徒さんをご覧になっていて、やはり日本語...
111)11-02 英語でディベートをする意義
Q.ちゃちゃを入れるようで申しわけありませんが、何故「英語」なんですか?日本語...
101)11-01.フィニックスでディベートをとりいれているわけ
私が主催しているフィニックス英語学院ではプロジェクトワークという英語でグループ...

コメントする

カテゴリ

このサイトを購読する

月別アーカイブ

2008年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

タグクラウド